【姫革・白なめし革】ブックカバー 文庫フリーサイズ <ルミエ・ピンク>

しっくりと手になじむ、姫革のブックカバーで読書時間を贅沢に。

型番 133906726
定価 4,550円(税込4,914円)
販売価格 4,550円(税込4,914円)
在庫数 残り2点です
購入数


【姫革・白なめし革】ブックカバー 文庫フリーサイズ <ルミエ・ピンク>
しっくりと手になじむ、姫革のブックカバーで読書時間を贅沢に。
牛革とは思えない、しなやかでやわらかな手触り。姫路でしか作られていない、希少な白なめし革(姫革)を贅沢に使用したブックカバーです。このブックカバーをまとうだけで、つい本を手に取りたくなるほど。
手にしっくりとなじむ、やわらかな質感は読書のひと時をより豊かに、楽しいものにしてくれるでしょう。
色柄: ルミエ・ピンク
ルミエ(lumière)=フランス語で光のこと。かつて人気を博した伝説のパターンを、新しい色使いで鮮やかに復刻しました。凝ったラインワークを、シックにも華やかにも見える絶妙な色使いで彩った、気品あふれる一品です。
【姫革(白なめし革)について】
白鞣(しろなめし)は朝鮮半島の職人の技術をもとに4-5世紀にはすでに作られており、古くは「白たん」、「越(古志)たん」などと呼ばれていました。

戦国時代・安土桃山時代には、軽く、強靭でしなやかな白なめし革は武将の鎧冑や馬具を華やかに飾りました。江戸時代になり平穏な時代を迎えると、装飾性を生かして煙草入れや文庫などの身の回りの小物が作られるようになります。

特殊ななめしの技法で脱色・染色を経ずとも真っ白な仕上がりとなり、型押しした上に専用の薬品と顔料を使用して一つ一つ手書きで柄を描き出していきます。陽に当たるほど白くなるという不思議な性質を持ち、使い込むほどに表面の艶が増していきます。

♠ NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO) 伝統工芸品・伝統文化データベース:
姫革(白なめし革)細工についての詳細情報 »
ご入会で対象商品の『和遊苑』会員割引もご利用いただけます!NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO)のサイトにぜひお越しください。
サイズ・仕様 16.5×フリーcm
材質 牛革(姫革・白なめし革細工)
産地 兵庫県
ご注意事項 当店掲載の商品の画像は、実際の商品と同じになるように撮影しておりますが、光の差し込み方やご利用のパソコンのモニターによってカラーの見え方が違ったり、実際の商品と色味が多少異なって見える場合がございます。

工芸品は、一品一品が手作りのため写真の商品と現物が異なることがございます。ご了承ください。

姫革商品につきましては、原皮の状態により、完成品になったときに革の白さが異なったり、細かな革のムラができることがございます。また、柄につきましては、手書きであるため色の入り方が異なっていたり、絵付けに使用する染料の調合具合によって柄の色味が変わったりすることがございます。なにとぞご了承くださいませ。
Top